平成18年度 第9回 ポールボルトアカデミーHIROSHIMA
実施報告


写真が出ませんが調整中です。

日にち 平成19年1月13日(土)
場 所  広島スタジアム
参加者 15人 中学生4人 高校生1人  一般2人
指導者  井上 恭治(世羅西中)

本日のねらい「短助跳びこみで跳躍修正」
寸評

 本日は、短助クリアー選手権を12セットでゲームをしました。この練習は、1回ずつの跳躍を大切にしながら、長時間練習ができる、最高の練習です。初心者から上級者までが同じ条件で試合できるのも魅力です。
 この大会の優勝は、仲田さん(福富中OG)が3ランド、第2位は西條くん(亀山中)が2ラウンドでした。

練習風景
○本日の参加者 7名




ジョックは、スポーツの基本、100m×10本のポールジョックで基本姿勢を作りました。

柔軟及び補強は、左からバッタ・ワニ・木馬 15m×3種類×2


この練習は欠かせません。自分の姿を正面に
見ながら高くまっすぐポールの体重をかける。


本日初PVの嶋田くん(亀山1年)どうしてもポールが右にずれてしまう。

手足が長く、ポイントをつかみつつある西條くん(亀山2年)

突込みが安定してきた幕内さん(亀山中コーチ)


ポールの練習3回目の増金さん(福富1年)
クリアー選手権では、2m25で設定、何回かクリアーしました。
3月31日まで1年中学最高記録目指してがんばれ!


12.4F140Pのノルディックエアロで10歩
3m50を何度もクリアー仲田(福富OG)

14F160P8歩で4m30でセットを組む萩原(広島大)

突っ込みの瞬間のポイントを萩原くんから学び
自己ベスト3m50(16歩時)だが
10歩で3m50にチャレンジ!十分浮いている。
出雲(世羅西中2年)

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO