平成24年度 第7回 ポールボルトアカデミーHIROSHIMA
実施報告


日にち 平成25年2月24日(日)
場 所  近大東広島高等学校中学校グランド
参加者 14人 中学生7人 高校生 5人 社会人2人
指導者 萩原 翔(福山工高)竹内 健(近大東広島高)
参加県 広島県・兵庫県

本日のねらい
理想の突っ込みと踏み切り動作を身につけよう

寸評

 
 時折,小雪が舞う曇り空でも元気に棒高跳びを行いました。どうすれば,
力強い踏み切りができるかみんなで考えた教室となりました。


恒例の集合写真

ウォーミングアップとしてジャンプ・腹筋・体幹のコラボトレーニング





突き出し練習 右利きの人は右足を前に出して行います。右100回・左50回


突っ込み動作 左足踏み切りの一歩前の右足設置時に右手はおでこ,そして右手は頭上へ。右手が頭上に伸びてから左足踏み切りをすれば,
              ポールの出し遅れが防止できるわけです。


ポールこぎ(ポールを斜め前に出して,踏み切ってからポールの先端は地面へ)が慣れたら,
        きちんと上の手でポールにぶら下がれてるか下の手を最後に離してみましょう。 


ボールを使って,踏み切りの力だけでボールを前にとばしてみましょう。




2人組みで力強い踏み切りを体験します。なにもしない踏み切り(左)
        踏み切り足の逆足の反動を使い,膝を前に突き出す踏み切り(真ん中・右)
        どちらの方が相手を押す力が強いでしょうか。分かりますね。

今度は棒高跳びの踏み切りをイメージして片手でボールを持って前にとばしてみます。


本日唯一の女子選手 竹谷さん(近大東広島高2)

大杉さんも毎回県外から参加。

田中くん(砂谷中1)は棒高跳の練習が4回目,加速度的上達です。

梶本さん(マスターズ)も寒い中の跳躍練習に参加。マスターズパワー恐るべし。


山下くん(近大東広島高2)と蔵田くん(近大東広島中3)のどちらが先に4mを跳ぶか対決です。
 
PVA広島代表の井上先生の高美が丘中カルテット。3人は中学1年生。将来性抜群
左から2番目増田君。3年からPVを始めていきなり県総体4位,近大に進学しPVを続ける。
 ホスト校の近大東広島の生徒。マットなど会場の準備をしました。

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO