平成23年度 第6回 ポールボルトアカデミーHIROSHIMA
実施報告


日にち 平成24年1月14日(土)
場 所  コカ。・コーラウエスト広島スタジアム
参加者  16人 
指導者  井上 恭治 田村 雄志 
参加県  広島県・山口県・兵庫県・

本日のねらい
「踏切と突き上げのタイミングを合わせる。」


寸評

  広島刑務所から脱獄犯が、広島スタジアム周辺で逃走していたため開催が危ぶまれましたが、昨日夕方身柄確保されまして、安心して開催できました。
 基本的な動作について、講習をしたあと、田村先生による踏切と突き出しの練習を主に行い、
 短助走での跳躍を繰り返しました。

練習風景
○本日の参加者16名 指導者4名


準備運動は、ワニ・バッタ・木馬・側転・ロンダート



シートを使い、ポールに必要なリズムを覚えます。

10歩を走りますが、8で両手を腰に当てる。
9で両肩に当てる・10で手の平を上に向けてバンザイ
慣れてくると、坂道にボールが転がるように、徐々にテンポアップ


田村先生から、踏切と右手の突き上げのタイミングを合わせるこつを習いました。


6歩で、タイミングを合わせツッコミ動作です。


左は、尼崎から参加のマスターズの大杉さん 右は1年生女子枝川さん(高美が丘中)



神辺旭高村上君も好調・一橋中の山本君も神辺旭高を希望
近年のうちにインターハイ総合優勝も夢ではないメンバーが揃う。


マスターズの大杉さん、後ろから見ても芯を捉えて水平に対して垂直に跳躍できています。
この度、曲げの感覚をつかみ、「別世界です。」と言われていました。


田村先生から、車のキャリアーにポールを結びつけるロープを2本使い
新しい補強を紹介してもらいました。これは抜群に効果でそうです。
 

 

  

 

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO