平成20年度 第2回 ポールボルトアカデミーHIROSHIMA
実施報告

日にち 平成20年5月17日(土)
場 所  東広島運動公園
参加者 一般 大学生 高校生 中学生
指導者 井上 恭治(世羅西中) 

         
                   

記録会の結果

本日のねらい「棒の扱い方,ポール走のリズムをつかみ記録会へチャレンジ」 

寸評

 今回も晴天に恵まれ,集まった選手は27名,近頃感じている棒高跳びのポイントを2つの練習に凝縮して講習会を行い,記録会へチャレンジしました。
 記録会では,一人ひとりの跳躍にみんなでアドバイスをしあい試行錯誤で研究しながらチャレンジしました。記録が出た出ないにこだわれずにチャレンジ精神で挑みました。
 そんななか,講習会では指導者でがんばってくれた広島大の萩原くんが,記録会で5m21cmの広島県新記録を樹立してくれました。仲間の前でのパフォーマンスに参加者は頭脳に焼きついた県新記録に満足でした。

本日の参加者集合

                             この日は,東広島記録会と同じ会場で実施したため,このあとも選手が集まってきました。
                             ボックスに埋まっているのは,先日の中四国学生選手権男子で優勝の萩原くん(広大)
                             と女子で優勝した宮本さん(福山平成大)を中心に写真をとりました。


講習会は40分程度で終了しましたが,ポールの出し方おろし方をやりました。
ポールのおろし方は,自然に逆らわないで,左手をシーソーの支点にして,倒れ
るのと同時に右手を突き上げます。このタイミングを何度も練習します。
 
ポールおろし動作練習



前回第1回のPVAの報告で,指導者に徹した宮本だが
                  ”もう一度全国大会で活躍してほしい”と,コメントしたのが届いたのか中国四国IC
                   で優勝を果たし,みごと全日本学生選手権に出場することになった。
昨年度世羅西中で全中に出場した出雲くんは世羅高に進学し
本日記録会で4m20cmつづく4m40はわずかに失敗,成長している。

本日がデビュー戦の二人,左は中学1年生の木村君(世羅西)1m80をクリアー 右はマスターズにチャレンジ
する星野さん(宇部市陸協)年の差20歳のデビュー戦でした。星野さんは次の日,中国実業団陸上の3000mSCに参加


中学女子で参加した上川さんと山口さん(世羅西)は背面跳びで活躍

                                 
                                 来週広島県高校総体に出場する見越くん(西条農)左側
                                助走のリズムに変化が出ていました。前半12歩は大きくリズムをとり,後半6歩は上下動のない駆け込み
                                助走からの踏み切り,以前よりうまく反発に乗るようになった。本日は4m20cm
                                右は今回も4mを余裕で越えた船本くん(近大東広島)これからの成長が楽しみ 画面クリックで動画
                                 
                                          これが,萩原くん(広島大)の5m21cmだ。
                                     参加者が応援するなか絶好の追い風にのり大ジャンプを見せた。
                                     広島県記録,中国記録,中国四国学生新記録の誕生だ。
                                                     その映像はこれだ!

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO