平成20年度 第1回 ポールボルトアカデミーHIROSHIMA
実施報告

日にち 平成20年4月5日(土)
場 所  福山平成大学
参加者 一般 大学生 高校生 中学生
指導者 井上 恭治(世羅西中) 

         
                   


本日のねらい「基本の反復練習と基本の跳躍への利用」 

寸評

 平成20年度第1回目のPVA。昨年に続き福山場所はみんな調子が良い。ポールのサイズもあがるし,いつもと違う良い自分が表現できる。尾道・東広島・福山・御調・岡山・島根・山口など多くの選手が集まりました。顧問の先生も多く集まり雰囲気最高でした。
 参加者は30人を越え,AB二つのブロックにわけ跳躍しました。

本日の参加者集合

     写真を撮った後も参加者が増えまし
        顧問に送ってもらうだけでなく,中学生も自力で来る生徒が増えました。

 
短時間で柔軟性心拍をあげるのはやはり,バッタ・ワニ・木馬でした。

側転左右とロンダート

器械体操部船津くん(亀崎中)のロンダート
このロンダートから学ぶものは多い。
文字をクリック


ミニハーを使ってのリズム走。10歩のうち9歩目で両手を肩,10歩目でバンザイその手は手のひらが上
この基本的なリズム走が棒高で大きなポイントとなる。タイミングをこれで覚えていく。
10歩目の地面の反力を両手の伸展につなげるのだ!
34才の星野さんが棒高に初挑戦元は中距離の選手最後のトライアル
では3mくらいまで跳んでいました。次はマスターズに挑戦ですね。

10種競技専門の畠山くん(平大)ポールの基本を習得したら高得点も可能だ。

ポールこぎもしっかりやりました。
女子は,自称現役の宮本(平大)が指導。
もう一度全国の舞台で活躍してほしい。
                     

                                          

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO