冬を越すために南に向かう雁がV字型の編隊を組んで飛んでいくのを見たことがありますか?

科学者は、雁がそんな形で飛ぶのには、驚くべき理由があることを発見しました。

編隊で飛ぶと71%も遠くまで行ける。雁が羽ばたくときに後続の鳥に上昇気流を作り出す。

先頭の雁は疲れるとV字型編隊の後尾に回り、別の雁と先頭を交代する。

後ろの雁はガーガー鳴いて、前の雁を励ます。

編隊から脱落しそうになっても、1羽で飛ぶと抵抗が大きいのですぐに群れに戻る。

群れの1羽が病気や怪我で編隊から脱落すると、2羽の雁が援助と保護のために付き添って地上に降りる。この2羽は脱落した雁が回復するか死ぬまで付き添い、その後新しい群れにかかわるか、独自の編隊を作って元のグループに追いつく。

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO